アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

2016年06月14日

ギアログ東北VSギアログ広島

もう6月も中旬なんですねぇ・・・(遠い目)。


広島県内の女性が「さいねいロス(現在地元広島でタレント活動をされてる、デカレンジャーのデカレッドを演じた俳優のさいねい龍二さんが、一般女性と結婚されたそうで、ショックを受けた広島女性が多いようです・・・。)」のように、絶賛「ギアログロス」中のHARUMAGEDONです。

本来なら即記事をUPするのが主催者としての務めなのですが、やり遂げた感と日々の仕事の疲労から即寝落ちという・・・(言い訳ですね、すみません)。

すでに当日取材いただいたミリブロ様や、参加いただいた方のブログ等で記事になってますが、主催者としての義務を全うしようと思います。

ギアログ広島オリジナルブリスターパックシステム。


最高の天候、最高のコンディションの中、同日開催されたギアログ東北VSギアログ広島。

ご参加いただいた参加者様、色々とご尽力いただいた関係者様、ギアログ創始者morizo様、MMR-Zの皆様、本当にありがとうございました

特に雨天の中ギアログ広島に、ご参加いただいた参加者様、本当に本当にありがとうございました。

普段なら全く気にしない雨でしたが、これほど天候を呪った事はありません。

でも、あの天候の中で続々と集まる参加者様に、どれだけ勇気と力をいただいたことか。

午後一での集合写真。

午前中で帰られた参加者様には申し訳ありません。

朝一で撮影するべきだったと反省。

受付。

止まない雨の中、どれだけ集まっていただけるか、不安でいっぱいでした。

すぐ横でワシのベースを設置。


タープ持参したんで、参加者様のいい雨除けになったと思います。

朝は比較的降水量が少なかったのですが・・・。


雨というコンディションの中、ギアログ広島に集まった猛者。






開会式での一コマ。


開会式でのワシ。

天候を考えて閉会式で言う気でいた今後の展開や予定、ギアログの名を冠したイベントが、今回で最後である事も併せて発表しました。

team内容ですが、AチームがSEAL's&DEVGRU、Bチームが米軍連合(MARSOC、海兵隊、陸軍、ODA、CAG、PJ)、Cチームが多国籍連合(ロシア、イギリス、自衛隊、NO NAME)、各チームのリーダーを選出しteamマーカー決定ジャンケン。


若干開始時間が押しましたが、午前中のteam対抗戦スタート。

ギアログお馴染みのカウンター無限復活ルール。

ゲーム中の画像。










ゲームが終わり、セーフティーへ戻る参加者様。







午前中のteam対抗戦が終了しお昼休憩。

で、降りやまない雨の中、諸事情諸々で参加者が減る前に、協賛品争奪ジャンケン大会開始。

アルム店長の粋な計らいで、参加者全員に賞品が行き渡りました。

そして今回の目玉、遠隔攻撃システム三つ巴戦。


フィールド内に投下された暗号BOXを回収し、衛星電話(携帯電話)でトウホクニスタン作戦司令本部へ暗号と攻撃対象チームを指定すると、各作戦地域へ無敵の特殊部隊「ティンダロス・ハウンド(勝手に命名)」が指定されたチームを3分間攻撃するというもの。



小ネタを挟みつつ、指定されたチームを攻撃するワシ。

なんとか三つ巴戦も終了し、最後にギアログ広島オリジナルブリスターパック前での記念撮影。
素敵なロシアンガイ。



1回目はデジSEALで参加し、3回目は独自で勉強しPJで参加のセッキーさん。



ブリティッシュジェントルマン。


実はギアログ広島では初のΔUCP×GB装備ガイ。


皆勤賞の陸一般。


四国代表こじぇい様。


盟友7222氏。



いつもハイクオリティなヘッドセットありがとうございます。

装備界の未来を担う、将来有望な若者。


広島アキノクニスタンではAチームがリードしてましたが、最終的にBチームが優勝し有終の美を飾りました。

と、楽しい1日はあっと言う間に終わりました。

午後から強まった雨の中、最後まで残っていただいた参加者様には、本当に感謝の言葉しかありません。

ギアログ広島に携わっていただいた全ての皆様に、本当にありがとうございました。

心から感謝をいたします。


これでギアログは終わってしまいましたが、morizoさんが今年の秋頃に、新たなるイベント「ギアフェス」を発表されましたね。

で、広島でも新たな装備系イベントを企画してます。


また詳細が決まり次第、こちらで発表させていただきます。

その時もよろしくお願いいたします。

今後も広島から、中国地方、四国地方、九州地方、関西地方、そして西日本と、装備系が盛り上がるように、頑張っていきたいと思います。


ブログの記事が遅くなってしまって、本当に申し訳ありませんでした。


最後に告知。

その①

7月24日日曜日、私がリーダーをしているチーム、LED Mirageの定例会をアルムさんを貸し切りで行います(自前のフィールドが使用できなくなって何年経ったことか・・・。)。

一般参加OK。

装備に興味があってもなくても、サバゲ好きな方なら誰でも参加OKですよ。

詳細はまたこちらでUPいたします。

その②

そんなLED Mirageですが、今年で創設30年。

10月頃に30周年記念大会「赤祭りⅡ」を開催します。

こちらも改めて詳細はUPいたします。

スペシャルゲストの参加もあるかも(笑)
  

Posted by HARUMAGEDON at 02:19Comments(2)ギアログ広島

2016年05月23日

ギアログ広島 ルール&レギュレーション


泣いても笑ってもあと一週間です。

当日はゲートオープンは9時で、車一台につき駐車料金が500円必要になります。

タイムスケジュールは現在も調整中ですので、またお知らせいたします。

ギアログ広島の基本ルール&レギュレーション。

終日セミオートオンリーです(ノーマルマガジン、リアルカウント推奨)。

多弾マガジンは1ゲーム一本のみ使用OK。

使用可能BB弾は0.2g、0.25g。

初速は全てにおいて法定初速以内でお願いいたします。

終日カウンター復活戦。

Hit後カウンターを押すことで復活(無限)。

最終的にカウンターの数(Kill数)が少ないチームが優勝です。

優勝チーム全員に素敵な商品もご用意しております。

無限復活ルールですので、スタート地点へのBBローダーやBBボトルの持ち込み、または装備内への携行を可としますが、給弾する際は必ずHit後のリロードでお願いいたします。(ゲーム参加中のBB弾のリロードは不可)。

今回はアウトドアフィールドの貸し切りですので、アイプロテクターは対弾性能があるものであれば、特に指定はございません。
(メッシュタイプ、シューティングゴーグル、サングラス使用可。全てにおいて自己責任でお願いいたします。)

フェイスマスクも特に指定はございません。

開催まで時間が少ないですが、まだエントリーは受け付けております。

悩んでないでエントリーしましょう。

まだ見ぬ装備好きの方の、参加をお待ちしております。  

Posted by HARUMAGEDON at 23:01Comments(0)ギアログ広島

2016年05月14日

ギアログ広島参加者まだまだ募集中です。

たくさんの装備好きの方に、最後のギアログを冠したイベントを楽しんでいただけるように、ギアログ広島では参加者様をまだまだ募集しております。

そこで今回は開催場所をBIG WOODさんへ変更し、第1回2回以上の参加者様に最後のギアログを楽しんでもらおうと思っております。

まだ迷ってる、この装備で大丈夫かな?と思ってる方、細かいことは気にしないで一緒に楽しみましょう。

だって装備が好きーな人達の集まりなんですから。

BIG WOODさんは以下の画像のようなフィールドです。

セフティー


セフティー入ってすぐ横


セフティーからフィールド


フィールド中央から奥


フィールド中央から横の山

この山の上もフィールドですよ。

感じで言えばアフガンの高地な感じですかね?

撮影などするのにも最高のロケーションです。

もちろん今回もギアログ広島版ブリスターパックも持参します。

ガンガン写真撮ってください。

ギアログ東北VSギアログ広島 総合インフォメーションVol1

ギアログ東北VSギアログ広島 総合インフォメーションVol2

ギアログ東北VSギアログ広島 総合インフォメーションVol3

もしわからない事や、相談なども受け付けてますよ。

※右バナーの「メッセージを送る」(PC表示の場合)または、gearloghirosimaアットマークgmail.com(アットマークを変換してください)より連絡ください。

さぁあなたの参加を待ってます。  

Posted by HARUMAGEDON at 23:28Comments(0)ギアログ広島

2016年05月06日

ギアログ東北VSギアログ広島 まだまだ参加者募集中‼



ギアログ東北VSギアログ広島総合インフォメーション1

ギアログ東北VSギアログ広島総合インフォメーション2

ギアログ東北VSギアログ広島、まだまだ参加者様を募集しております。

ギアログの名前を冠したイベントは、今回で最後です。

まだ参加希望を出せてないそこのあなた、今すぐ参加連絡を送ってください。

※右バナーの「メッセージを送る」(PC表示の場合)または、gearloghirosimaアットマークgmail.com(アットマークを変換してください)より連絡お願いします。

友人、知人、ご近所、親戚、ご先祖お誘いあわせの上、参加をお待ちしております。
  

Posted by HARUMAGEDON at 22:42Comments(1)ギアログ広島

2016年04月30日

ギアログ東北VSギアログ広島 募集開始‼

ギアログ東北VSギアログ広島、同時募集開始。


こちらではギアログ広島Ⅲ 募集開始します。

※右バナーの「メッセージを送る」(PC表示の場合)または、gearloghirosimaアットマークgmail.com(アットマークを変換してください)より

1、参加者の氏名+ハンドルネーム+年齢、装備ジャンル(例:米海軍ネイビーシールズ、米陸軍デルタなど簡潔に)
2、参加人数(何名とお書きください)
3、代表者の緊急連絡先
を、番号をふって順番通り明記してお申し込みください。
参加確定しましたら返信いたします。

開催日時:2016年5月29日(日曜)雨天決行
開催場所:広島BIG WOOD https://svgr.jp/place/58
参加費:¥4000 
参加資格:18歳以上の「軍装装備好き」なエアソフター。
ゲーム内容:装備ジャンルに分かれての装備品をつけたもの同士のゲーム会。

共通ドレスコード:
90年代~現在までの各国軍隊、特殊部隊、(ゲリラは情勢によりご遠慮いただく場合があります)など
ギアログシリーズと同様、「NO NAME」「LBXオナー名誉迷彩」「LE」も大募集。
(「UO」に関しては今回募集しておりません。ご了承ください)
「NO NAME」とは?・・・http://tes.militaryblog.jp/e605243.html
     
共通募集要項:
1~2名で定例会などで装備好きがゆえに肩身のせまい?思いをされているあなた!
そんな方の参加を特にお待ちしております。実物、レプリカ不問、装備ジャンル不問、装備好き大歓迎。
まだ地方都市で固まっていない「装備好きコミュニティー」をいっしょに作りませんか?
チーム編成の為、できるだけお早いお申込みをお願いします。

※ルール、マナー等、場を乱す行為などある場合、お帰り願う場合があります。ご了承ください。
※ゲーム内容は予告なく変更される場合があります。
※定員に達してしまった場合、予告なく募集を締め切らせていただく場合がございます。
※当日キャンセルはご遠慮ください。
※紛失、盗難に関してフィールドおよび実行委員会は責任を負いかねますので貴重品は必ず各自で管理してください。


史上初?「遠隔攻撃システム」ロールアウト!
今回初めて導入される「遠隔攻撃システム」は各地域のA,B,Cチームが味方チームに対して行なえる支援で、フィールドに設置されたモバイル端末によって、遠く離れた敵を殲滅するための専用部隊を送り込むことができる。史上初?の広島と東北の同時進行ゲームで勝利をおさめろ!

他にも詳細決まり次第、随時情報公開していきます。

装備好きな皆様からの参加を、お待ちしております。

  

Posted by HARUMAGEDON at 01:37Comments(1)ギアログ広島

2016年03月01日

ギアログ広島Ⅱ 無事終了

なんやかんやで月を跨いでしまいましたが、ギアログ広島Ⅱへご参加いただいた参加者様、ご協力いただいたmorizo様、ご協賛いただいた七洋交産様、SWAT様、取材していただいたミリスマ様、コンバットマガジン様、本当にありがとうございました。




参加者様全員とスタッフで記念撮影。

当日は好天に恵まれましたが、一日中風が吹いて寒い中、ゲームに撮影、交流に買い物と、楽しんでいただけたようで、本当に良かったです。

今回のゲーム内容も前回と余り変えず、「morizo様主催のギアログを体験していただこう‼」、をコンセプトに開催をさせていただきました。

ギアログ広島Ⅱの目玉の一つ、ギアログ広島オリジナルブリスターパックシステム。

(photo by SWAT様)

当日は最近流行りの初期アフぽいスタイル。

午前は1879Aに黒フリース(集合写真参照)、午後は1195Aに黒フリースの初期アフぽいガナースタイルおやじ。

デザイン&製作していただいたmorizo様に感謝です。

主催という事と、参加者様との交流、雑誌社様の対応、運営と、バタバタしたのと、愛機Nikon D90ちゃんが調子悪く画像は少な目。

ミリスマ様ブース。

お昼休憩時、ミリ飯が飛ぶように売れていました。

開会式前。






続々と集まる装備、装備、装備。

まさに夢に描いてた光景がココに

今回広島からの参加者様が約3分の2、初参加者様が約3分の1、初参加者様の中には、念願の山陰地方の方も。

こうやって地元広島や、山陰地方の方が参加してもらうことで、中国地方、四国地方、九州地方、関西地方と、西日本を盛り上げていける、一つの要因になれたらと思ってます。

今回のチーム分けはAチームがSEAL’s(DCU&デジタル)、Bチームは多国籍(米陸系&露特&J隊&フランス&LE)、CチームはMARSOC&DEVGRU&AOR SEAL's混成でした。

前回と違いゲーム前に各チーム代表でじゃんけんをしてもらい、マーカーの色を決め、午後からの三つ巴戦でも、じゃんけんでスタート位置を決めてもらいました。

午後からの三つ巴戦では、Aチームが果敢に攻め込む場面が何度も見られ、結構押している場面も多々見られたのですが・・・。

優勝は2位との差が約100Kill少ないCチームが優勝で、2位がBチーム、3位がAチームでした。

以下ギアログ広島オリジナルブリスターパック画像。

私の所属チーム LED Mirageのサブリーダーがお君。


ミリタリーショップ アルム内エアガンカスタムしろくま工房ポーラベア氏の奥様「ギアログ広島イメージガール」ゆうな氏

今回も大人気で、参加者様とたくさん写真を撮られてました。

素敵なロシアン装備のカラシ猫フ氏。

特徴的なシールドが印象的ですね。

現用SEALの先生カリヨン氏と、広島からの参加者O氏


ギアログ広島Ⅰ&Ⅱで仲良くなっていただけて、私の目的の一つの交流もたくさん生まれ、本当に良かったです。

そんなAOR2なO氏。

今回AOR2装備はO氏だけでしたので、非常にいい意味で目立ってました。

今回唯一の陸一般UCP氏。


ODのMBSSが素敵過ぎる7222氏。


今回はSWAT様として物販で参加していただいた、九州サバゲ界のおされ番長Dj ちゅう君。

歩く広告塔として大活躍だったようです。

MARSOCで参加された参加者からの画像。

Milphotoのような素敵画像。

今回も至らないところが多々あったと思いますが、携わっていただいた皆様と参加者様のご協力で、無事にギアログ広島Ⅱを終えることができました。

まだまだ小さな火ですが、今後大きな炎に成長できるように、頑張っていきたいと思います。

本当にありがとうございました。



  

Posted by HARUMAGEDON at 06:41Comments(0)ギアログ広島

2016年02月19日

ギアログ広島Ⅱ インフォメーション9


ギアログ広島Ⅱ開催まで三日となりました。

参加者様準備は万全でしょうか?

参加者の皆様には申し訳ないのですが、当日移動販売のカレー屋様が諸事情により来られなくなりましたので、当日はお弁当の準備をするか、ミリスマ様が販売されます「ミリ飯」の購入をお願いいたします。

昼食に関して、参加者の皆様にご迷惑をおかけして申し訳ありません。

それでは皆様の最高の笑顔を、当日お待ちしております。

  

Posted by HARUMAGEDON at 23:19Comments(0)ギアログ広島

2016年02月17日

ギアログ広島Ⅱ インフォメーション8


(画像 ギアログ広島より)

ギアログ広島Ⅱにおいて各社様より、協賛品をいただいておりますので、こちらで発表させていただきます。(順不同)


ミリスマ編集部様より。
・タスマニアンタイガー コンバットパック
・G&G ファイヤーホーク
・模造刀 ルークモデル
・模造刀 アナキンモデル
・ミリタリーキャップ 4点


七洋交産様より。
・参加者様全員へコインケース

SWAT様より。
・J-TECH製 CSチェストリグTYPE1 デジタルデザート
・J-TECH製 ヘルメットバック 自衛隊カモ
・SWATオリジナル トートリュックバック
・SWATオリジナル DEVGRUタオル 5枚


今回は優勝チームに賞品云々ではなく、じゃんけん大会及び、私の独断と偏見で装備MVP賞をと考えております。

もちろん一番の賞品は、参加者様皆様の笑顔と交流です。

それと参加確定メールでもお知らせいたしましたが、チーム分けは当日発表いたしますので、当日までお待ちくださいませ。


参加者の皆様、当日はよろしくお願いいたします。


  

Posted by HARUMAGEDON at 23:01Comments(0)ギアログ広島

2016年02月16日

ギアログ広島Ⅱ インフォメーション7


(画像はギアログ広島参加者様)

ギアログ広島Ⅱ、まだまだ参加者様を募集しております‼

ギアログ広島Ⅱ開催まで一週間を切りましたが、参加者の皆様出撃準備は整ってますでしょうか?

何度も書きますが、当日は雑誌「ミリスマ」様の取材、七洋交産様、SWAT様の物販がございます。

ギアログの創始者morizo様デザインにより、ギアログ広島オリジナルブリスターパックが完成‼

昼休憩時一般開放し、装備に興味のある方との交流や、物販の購入等をしていただければと思います。


当日のタイムスケジュールと、ギアログ広島でのルールとゲームシステムを再度掲載しておきます。

当日までに熟読をお願いいたします。


タイムスケジュール

注)円滑に行おうとは思いますが、不手際や大幅なタイムロスが予想されます。
  時間通りにならなくとも、生温かい目で見守っていただければ幸いです。


9:00~   ゲートオープン

        受付

        初速測定

10:30~11:00 開会式

公式戦
11:00~11:15 A vs B

11:25~11:40 B vs C

11:50~12:05 C vs A

12:05~14:00 休憩(一般開放し装備に興味のある方と、交流していただけたらと思います。)

(12:05~13:00 希望者によるフリーゲームまたは撮影会)

公式戦
14:00~14:20 三つ巴戦 1
                     
14:40~15:00 三つ巴戦 2

(15:10~16:00 希望者によるフリーゲームまたは撮影会)

16:00~16:30 閉会式

16:30~     片づけ

~18:00     ゲートクローズ

ゲートオープン前に到着される、県外からお越しの参加者様が居られると思いますが、併設のショップ前の駐車場(同じ建物内に広島ベース様がありますが、ミリタリーショップ アルム様とは関係ございませんので、ご注意くださいませ)が大変狭く不便をおかけすると思います。

またフィールド内への車での進入が若干困難で、一般道の交通の妨げになる事も予想されますので、係り(ボランティア)の誘導に従ってください。

8時頃には私も行こうと思いますので、駐車場や荷物を降ろす場所等ご案内しようと思います。

参加者様のご協力をお願いいたします。

それからフィールド周辺に宿泊できる場所(LOVEなホテルは二軒ありますが・・・)がありません、もしも前泊で参加をお考えの参加者様は、広島駅周辺の宿泊施設をご利用されるのをお勧めいたします(広島駅より約30分)。

あとセーフティーがそこまで広くありませんので、お荷物はコンパクトにまとめていただければと思います。

何か質問や、お聞きしたい事等ありましたら、メールでご質問くださいませ。


ギアログ広島 ルール&ゲームシステム(再度掲載)


基本ルール

インドアフィールド アルムに順守。

終日セミオートオンリー。

ノーマルマガジン、リアルカウント推奨。

多弾マガジンは1ゲーム一本のみ使用OK。

終日カウンター復活戦。

Hit後カウンターを押すことで復活(無限)。

最終的にカウンターの数(Kill数)が少ないチームが優勝です。

優勝チーム全員に素敵な商品もご用意しております。

無限復活ルールですので、スタート地点へのBBローダーやBBボトルの持ち込み、または装備内への携行を可としますが、給弾する際は必ずHit後のリロードでお願いいたします。(ゲーム参加中のBB弾のリロードは不可)。


インドアフィールドですので、必ずゴーグル(レンズタイプゴーグルのみ使用可能で、メッシュタイプ、シューティングゴーグル、サングラスは使用不可)を着用し、フェイスマスク(ソフトな物、シュマグ等の布でもOK)を着用すること。

ゲーム形式

午前
チーム対抗戦(1ゲーム15分)

IED設置システム。

フィールド内に設置された箱(全部で5個)の中にある、自チームと同じカラー(チームカラー赤は赤を。黄色は黄色を。無は白を)の高性能折り紙型爆弾を一番上にする。

相手チームは自チームと同じカラーの高性能折り紙型爆弾に変える事が可能(Hitされた場合は無効)。

ゲーム終了時に箱の中の一番上に置いてある色の、高性能折り紙型爆弾の相手チームにKill数を20加算する。
(例 赤vs黄色のゲーム時、赤の高性能折り紙型爆弾が一番上に置いてあれば、黄色チームに20Kill加算)

午後
三つ巴戦(1ゲーム20分)2回

1回目
通常のカウンター復活ルール戦(午前中と同じルール)。

2回目
米軍極秘部隊、機械化小隊(マシンナーズプラトゥーン)プロトタイプ起動システム。

各チームリーダーが自チームフラッグに設置された無線より「支援要請」を送信。

「支援要請」受信後、コードネーム「ハルマゲドン」「ポーラベア」が起動。

敵2チームを2分間(稼働時の冷却発熱コントロールができないため、オーバーヒートによる脳神経系へのダメージセーブ機能が2分で起動し強制終了する為。ただし再起動は即可能)フルオートで攻撃開始。

外骨格をアダマンチウムで覆われ、生命維持、筋繊維等機械化処理をされており、射撃では破壊不可能(無敵)。

「支援要請」受信順に起動開始。

注)インドアフィールドの特性上、GEARLOG名物航空支援は不可能なために、考え出されたギアログ広島オリジナルシステムです。
  Kill数を引っくり返す事も可能なため、リーダーの判断が重要とされます。


それからギアログ広島において、一番大事なルールですが、ギアログ広島に参加される皆さんの「良い交流の場」が目的のひとつにあります。

軍装が好きな人たちの、住まいや軍装スタイルの垣根を越えた交流ができる、絶好のチャンスだと思ってます。

是非お互いに無礼のないよう、よろしくお願いします。

参加者全員が、お友達になって帰ってもらえると最高ですよね。

そんなゲーム会を目指したいので、どうか皆様のご協力をなにとぞよろしくお願いします。
(一部morizoさんのお言葉を引用)

ギアログ広島の最終インフォメーションは以上となります。

泣いても笑っても残り1週間。

参加者の皆様にお会いできるのを、心より楽しみにしてます。

どうかくれぐれも、事故などしないように、お気をつけてお越しくださいませ。
  

Posted by HARUMAGEDON at 01:36Comments(0)ギアログ広島

2016年02月10日

ギアログ広島Ⅱ インフォメーション6


(イメージ画像)

ギアログ広島Ⅱ開催まで2週間を切りましたが、現在も参加者様を募集しております。

まだ参加を迷われてる方は、迷わず参加メールを送信してください。

装備好きな貴方の参加を、お待ちしております。

特報①
今回のギアログ広島のために、ギアログの創始者morizo様デザインの、ギアログ広島オリジナルブリスターパックシステムが導入されます。

ギアログ広島ブリスターパックを背景に、写真を撮れるのはギアログ広島だけですよ‼

どのような物かは当日のお楽しみにしておいてください。


特報②
元々広島に装備系ゲーマーがもっと増えて欲しいとの思いで始めたギアログ広島ですが、やはり見て話して学ぶ機会がないと、なかなか装備系ゲーマーが増えないのではないかと思い、昼休憩の時間に一般開放しようと思います。

見学希望者様は当日フィールドゲート前で受付を行いますので、約12時頃から14時までの約2時間ですが、参加者様との交流や物販を購入されるなど、限られた時間ですが有意義に過ごしていただけたらと思います。

見学希望者様受付時に、いくつかの見学規約がございますので、必ず順守していただきますようご了承くださいませ。


ミリモノ&サバゲーを遊び倒す!新感覚ミリタリーマガジン 「MilSuma(ワールドフォトプレス)」様の取材決定‼

当日は「Arc'teryx LEAF」「SUREFIRE」の代理店でお馴染みの七洋交産様、豊富な品揃えで有名な福岡の老舗ミリタリーショップSWAT様による物販が行われます。

普段広島ではなかなかお目にかかれない商品が、手に取って、見て、買えるチャンスですよ。

ギアログ広島Ⅱ

開催日時 平成28年2月21日 日曜日
場所 インドアフィールド アルム
ゲートオープン 9:00~
募集人数 60名
参加費 税込み3000円



  

Posted by HARUMAGEDON at 00:58Comments(0)ギアログ広島

2016年02月01日

ギアログ広島Ⅱ インフォメーション5


(ギアログ広島より)

現在も参加者様を募集中ですが、本日より参加ご応募いただいた方へ、参加確定のメールを送信しております。

参加ご応募いただいた皆様、ご確認をお願いいたします。

ギアログ広島Ⅱ

開催日時 平成28年2月21日 日曜日
場所 インドアフィールド アルム
ゲートオープン 9:00~
募集人数 60名
参加費 税込み3000円

ミリモノ&サバゲーを遊び倒す!新感覚ミリタリーマガジン 「MilSuma(ワールドフォトプレス)」様の取材決定‼

当日は「Arc'teryx LEAF」「SUREFIRE」の代理店でお馴染みの七洋交産様、豊富な品揃えで有名な福岡の老舗ミリタリーショップSWAT様による物販が行われます。

普段広島ではなかなかお目にかかれない商品が、手に取って、見て、買えるチャンスですよ。

さぁご応募まだの方からの、参加希望をお待ちしております。
  

Posted by HARUMAGEDON at 23:16Comments(0)ギアログ広島

2016年01月28日

ギアログ広島Ⅱ インフォメーション4


(画像はイメージです。)

ミリモノ&サバゲーを遊び倒す!新感覚ミリタリーマガジン 「MilSuma(ワールドフォトプレス)」様の取材決定‼

全国紙の紙面に自慢の装備が載るチャンス‼

このチャンスを逃すな‼

それから何度も書きますが、当日は「Arc'teryx LEAF」「SUREFIRE」の代理店でお馴染みの七洋交産様、豊富な品揃えで有名な福岡の老舗ミリタリーショップSWAT様による物販が行われます。

普段広島ではなかなかお目にかかれない商品が、手に取って、見て、買えるチャンスですよ。

どうしようか悩んで応募がまだの方、レプリカしか持ってないからと遠慮してる方、ギアログ広島では装備が好きな、あなたのご応募お持ちしております。


ギアログ広島Ⅱ
開催日時 平成28年2月21日 日曜日
場所 インドアフィールド アルム
ゲートオープン 9:00~
募集人数 60名
参加費 税込み3000円

  

Posted by HARUMAGEDON at 20:55Comments(0)ギアログ広島

2016年01月24日

ギアログ広島Ⅱ インフォメーション3


(画像はギアログ広島より)

ギアログ広島Ⅱ ルール&ゲームシステム

ギアログ広島とルール&ゲームシステムがほぼ同じですが、若干変更点がございますので熟読をお願いいたします。

基本ルール
インドアフィールド アルムに順守(初速は95以下)。

終日セミオートオンリー。
ノーマルマガジン、リアルカウント推奨。
多弾マガジンは1ゲーム中一本のみ使用OK。

終日カウンター復活戦。
Hit後カウンターを押すことで復活(無限)。
最終的にカウンターの数(Kill数)が少ないチームが優勝です。
優勝チーム全員に素敵な商品をご用意しております。

無限復活ルールですので、スタート地点へのBBローダーやBBボトルの持ち込み、または装備内への携行を可としますが、給弾する際は必ずHit後のリロードでお願いいたします。(ゲーム参加中のBB弾のリロードは不可)。

インドアフィールドですので、必ずゴーグル(レンズタイプゴーグルのみ使用可能で、メッシュタイプ、シューティングゴーグル、サングラスは使用不可)を着用し、フェイスマスク(ソフトな物、シュマグ等の布でもOK)を着用すること。

ゲーム形式

午前
チーム対抗戦(1ゲーム15分)

IED設置システム。
フィールド内に設置されたIED(全部で5個)の中にある、自チームと同じカラー(チームカラー赤は赤を。黄色は黄色を。無は白を)にする。
相手チームは自チームと同じカラーに変える事が可能(Hitされた場合は無効)。
ゲーム終了時にIEDの色の相手チームへKill数を20加算する。
(例 赤vs黄色のゲーム終了時、IEDの色が赤の場合黄色チームに20Kill加算)

午後
三つ巴戦(1ゲーム20分)2回

1回目
通常のカウンター復活ルール戦(午前中と同じルール)。

2回目
米軍極秘部隊、機械化小隊(マシンナーズプラトゥーン)プロトタイプ、コードネーム「ハルマゲドン(ロック・イワタラット少佐)」&「ポーラベア」起動システム。
各チームリーダーより、自チームフラッグに設置された無線から支援要請を行う。
支援要請後、コードネーム「ハルマゲドン」&「ポーラベア」支援システムが起動(今回はパワーアップし、2体が同時攻撃を行う)。
敵2チームを2分間(稼働時の冷却発熱コントロールができないため、オーバーヒートによる脳神経系へのダメージセーブ機能が2分で起動し強制終了する為。ただし再起動は即可能)フルオートで攻撃開始。
外骨格をアダマンチウムで覆われ、生命維持、筋繊維等機械化処理をされており、射撃では破壊不可能(無敵)。
システム起動、支援要請受信順に支援開始。

注)インドアフィールドの特性上、GEARLOG名物航空支援は不可能なために、考え出されたギアログ広島オリジナルシステムです。

盾にするも良し、Kill数を引っくり返す事も可能なため、リーダーの判断が重要とされます。

それからギアログ広島において、一番大事なルールですが、ギアログ広島に参加される皆さんの「良い交流の場」が目的のひとつにあります。
広島と銘打ってますが、関西、中国、四国、九州地方他、全国の軍装が好きな人たちの、住まいや軍装スタイルの垣根を越えた交流ができる、絶好のチャンスだと思ってます。
是非お互いに無礼のないよう、よろしくお願いします。
参加者全員が、お友達になって帰ってもらえると最高ですよね。
そんなゲーム会を目指したいので、どうか皆様のご協力をなにとぞよろしくお願いします。
(一部morizoさんのお言葉を引用)
  

Posted by HARUMAGEDON at 00:33Comments(0)ギアログ広島

2016年01月21日

ギアログ広島Ⅱ 参加者募集中


ギアログ広島の画像より。

現在ギアログ広島Ⅱでは、参加者様を募集中です。

今回ギアログ広島Ⅱでは、七洋交産様、SWAT様が、当日会場(またはアルム様店舗内)で物販を行っていただける事が決定しております。

また色々と決定しだい、当ブログで発表させていただきます。

ギアログ広島Ⅱ
開催日時 平成28年2月21日 日曜日
場所 インドアフィールド アルム
ゲートオープン 9:00~
募集人数 60名
募集方法 エントリー専用アドレスよりエントリー先着順(定員になり次第募集停止)
参加費 税込み3000円


ギアログ広島実行委員会 代表HARUMAGEDON  

Posted by HARUMAGEDON at 23:21Comments(0)ギアログ広島

2016年01月15日

ギアログ広島Ⅱ 募集開始

募集開始が遅くなり申し訳ありません。



それではギアログ広島Ⅱのエントリーを開始いたします

今回の「ギアログ広島Ⅱ」では、90年代から現用の各国各軍軍装装備&LE装備での募集となります。

PMCやゲリラ等の軍装は、申し訳有りませんが募集しておりません。

ご了承くださいませ。


募集定員は60名となります。

参加申し込みの先着順で、定員になり次第募集は打ち切らせていただきます。

こちらも併せて、ご了承くださいませ。


参加申し込み方法。

専用メールアドレスにて、必ず下記の内容を記入し送信して下さいませ。

1 氏名
2 ハンドルネーム
3 お住いの都道府県名
4 年齢
5 こだわりの装備(所属の国や部隊等。例アメリカ海軍特殊部隊SEAL's、ロシア特殊部隊等)
6 緊急連絡先(緊急で連絡が必要な時以外は使用いたしません)
7 当日カレーの移動販売(650円)が行われます。そのカレーをお昼に注文されるかどうかを、お知らせください。

グループで参加の場合

8 代表者様以外の参加者様の氏名
9ハンドルネーム
10年齢
11こだわりの装備(グループで参加の場合、必ずしも全員が統一した装備である必要はありません)
12カレーの注文の有無

*複数名の場合は8,9,10,11,12と、繰り返して記入してください。

必ず番号ごとに明記の上、

gearloghirosimaアットマークgmail.com(アットマークを変換してください)

まで必ず件名欄へ「参加希望」と明記して、送信をお願い致します。

質問等は必ず件名欄へ「質問」と明記し送信ください。

前回SNSやLINE等で直接質問をされる方がおられましたが、今回質問他ギアログ広島Ⅱに関する事は全てメールでお願いいたします。

それでは皆様のエントリーを、心よりお待ちしております。

  

Posted by HARUMAGEDON at 22:37Comments(0)ギアログ広島

2016年01月14日

ギアログ広島Ⅱ インフォメーション2


ギアログ広島の画像より。

時間は未定ですが、告知通り明日より募集を開始いたします。


今回のギアログ広島Ⅱでは、七洋交産様、SWAT様が、当日会場(またはアルム様店舗内)で物販を行っていただける事が決定しております。

また色々と決定しだい、こちらで発表させていただきます。

募集開始までしばしお待ちをっ‼

ギアログ広島Ⅱ
開催日時 平成28年2月21日 日曜日
場所 インドアフィールド アルム
ゲートオープン 9:00~
募集人数 60名
募集方法 エントリー専用アドレスよりエントリー先着順(定員になり次第募集停止)
参加費 税込み3000円


ギアログ広島実行委員会 代表HARUMAGEDON

  

Posted by HARUMAGEDON at 22:39Comments(0)ギアログ広島

2016年01月09日

ギアログ広島Ⅱ インフォメーション1


ギアログ広島の画像より。

ギアログ広島Ⅱ
開催日時 平成28年2月21日 日曜日
場所 インドアフィールド アルム
ゲートオープン 9:00~
募集開始 平成28年1月15日(予定)
募集人数 60名
募集方法 エントリー専用アドレスよりエントリー先着順(定員になり次第募集停止)
参加費 税込み3000円


募集開始まで、今しばらくお待ちくださいませ。
  

Posted by HARUMAGEDON at 21:55Comments(0)ギアログ広島

2015年12月31日

ギアログ広島

開催終了後から日が経ってしまい申し訳ありません。

装備好きの、装備好きによる、装備好きのためのゲーム会「GEARLOG」。

その熱い装備愛を胸に、自分の生まれ育った街で、装備に興味を持った装備系ゲーマーが少しでも増えて欲しい・・・。

そんな想いで始まった、初主催のイベント「ギアログ広島」。

初めての主催で不手際が多かったと思いますが、当日は最終的に48名(うち広島勢19名)の、熱い装備好きの野郎共仲間にご参加いただきました。

全員集合。

参加していただいた参加者様、本当にありがとうございました。

広島装備組。

アルムの常連様で装備に興味を持ってもらい、私のガバガバな海豹勉強に付き合っていただいた皆様も、本当にありがとうございました。

そして初の主催で初開催という事と、フィールドのキャパシティー(セーフティー、駐車場)で人数制限を設けてしまい、抽選という形で参加ができなかった皆様、本当に本当に申し訳ありませんでした。

参加者様の沢山の笑顔、熱い装備にかける想い、「広島でこんなイベントを待ってました‼」と言う温かいお言葉、本当にギアログ広島を開催して良かったと思います。

そして私の装備愛に応えていただき、「HARUMAGEDON君、貸し切りでイベントやっちゃいなよ」と背中を押し協力していただいた白熊工房様、準備の段階から沢山のアドバイスをいただき、フィールドを使用させていただいたミリタリーショップ アルム店長様、協賛品として参加者全員分の協賛品を送ってくださったMIL‐FREAKS様、そして何よりも「ギアログ」の名称の使用を許可していただき、ブリスターパックシステムをお貸しいただいたmorizo様、MMR-Zの皆様、沢山の方に支えられ無事にギアログ広島を終えることができました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです

本当にありがとうございました。



当日のチーム内訳。

Aチーム。
US NAVY SEAL’s(90’VBSS、ジャングルOps~DCU~AOR)

Bチーム。
アメリカ連合軍(陸一般、ODA、海兵隊、MARSOC、CIF/ODA)

Cチーム。
各国連合軍(ロシア、フランス外人部隊、陸上J隊、ANA、US NAVY、PJ、DEVGRU)

人数の関係でCチームはかなりのバラエティに富みましたが、これだけの装備が一同に広島に集まり見れるなんて、本当に夢のようでした。


当日は県外からの参加者様が多いため、通常より早くゲートオープンをしたことが功を奏し、開会式が早めに開始できたのも、参加者皆様のおかげです。

続々と集まる参加者様。




そこは私が夢見た、装備に身を包んだ参加者様達が。

最近では余り見かけなくなった、チョコチップ(6C)迷彩ガルフ・ウォー軍団が。

しかも打ち合わせをした訳ではなく、たまたまで4人(画像には3人ですが)も‼

こういった装備が見れるのもギアログの醍醐味ですね。

開会式中の私。

何を話したかほとんど覚えていませんが(笑)

私がSEAL'sを始めた頃からの古いお付き合いで、現用SEAL'sへの道を開いていただいたカリヨン先生。


装備リエナクトでお会いしない時はないと言ってもいい、DJちゅう君(とお仲間)。

知ってる方が参加いただくと、大変心強いですね。

無茶言ってチームリーダー引き受けていただいて、本当にありがとうございました。


ゲーム内容はなるべくオリジナルのGEARLOGを体験いただけるように、セミオートオンリーのチーム対抗のカウンター無限復活ルールを採用し、一日を通して遊んでいただきました。

午前中のチーム対抗戦ではIEDも設置し、白熱した戦いが繰り広げられました。

特にAチームVSCチームでは、AチームがCチームのスタート地点を取り囲む場面も。

(撮影 イーグル様)

ここで小ネタがさく裂するCチームのロシア勢は流石でした。

普段お会いできない装備の方たちとの交流もメインですので、長めのお昼休憩を取っていただき、思う存分ブリスターパックシステムで撮影をしていただきました。

DEVGRUで参加してくれた、チームメンバーがお君。


素敵なロシアンな参加者様。


ロシア装備の不思議な魔力。



午後からは三つ巴戦。

一回目は通常のカウンター無限復活ゲームをしていただきました。

そして二回目の三つ巴戦で、ギアログ広島オリジナルシステム、「ハルマゲドン起動システム」を実装。

まぁインドアなんで航空支援要請ができませんので、苦肉の策なのですが(笑)


(撮影 こじぇい様)

こうして一日のゲームが終了。

閉会式までフリーの時間を設けてたので、参加者様が思い思い心残りがないように撮影会や交流をされてました。

以下画像。

NATO同盟。


日米合同演習。


MARSOC&SEAL


負傷兵を抱えヘリに乗り込む風景。


アルムの常連様で装備に興味を持っていただいた参加者様。


デジタルSEAL


90年代SEAL VBSS。


九州からの参加者様。





本当に画になります。




参加者様と末っ子を、DSで記念撮影をする次男(笑)


お世話になりっぱなしの、しろくま工房様と奥様。


閉会式にて優勝したAチームへ賞品(ドクぺ&BB弾)の贈呈。


こうして沢山の方々のご支援をいただき、無事にギアログ広島は終了しました。

本当に開催して良かったと思います。

本当にありがとうございました。

  

Posted by HARUMAGEDON at 05:13Comments(0)ギアログ広島

2015年12月25日

ギアログ広島 無事終了

日が経ってしまいましたが、おかげさまでギアログ広島無事に終了いたしました。

取り急ぎ簡単な報告です。

詳しくは後日UPします。

当日の参加者様全員(のはず)。


広島組。


  

Posted by HARUMAGEDON at 02:09Comments(1)ギアログ広島

2015年12月14日

ギアログ広島 インフォメーション5



いよいよ一週間後に迫ってまいりました。

参加者の皆様、出撃準備は整ってますでしょうか?

当日のタイムスケジュールと、ギアログ広島でのルールとゲームシステムについて説明をいたします。

なるべく熟読をお願いいたします。


タイムスケジュール

注)円滑に行おうとは思いますが、初の開催ですので、不手際や大幅なタイムロスが予想されます。
  時間通りにならなくとも、生温かい目で見守っていただければ幸いです。


9:00~   ゲートオープン

      受付

      初速測定

10:30~11:00開会式

公式戦
11:00~11:15A vs B

11:25~11:40B vs C

11:50~12:05C vs A

12:05~14:00休憩

(12:05~13:00希望者によるフリーゲーム)

公式戦
14:00~14:20三つ巴戦 1
                     
14:40~15:00三つ巴戦 2

(15:10~16:00希望者によるフリーゲーム)

16:00~16:30閉会式

16:30~   片づけ

~18:00   ゲートクローズ


ゲートオープン前に到着される、県外からお越しの参加者様が居られると思いますが、併設のショップ前の駐車場(同じ建物内に広島ベース様がありますが、ミリタリーショップ アルム様とは関係ございませんので、ご注意くださいませ)が大変狭く不便をおかけすると思います。

またフィールド内への車での進入が若干困難で、一般道の交通の妨げになる事も予想されますので、係り(ボランティア)の誘導に従ってください。

8時頃には私も行こうと思いますので、駐車場や荷物を降ろす場所等ご案内しようと思います。

参加者様のご協力をお願いいたします。

それからフィールド周辺に宿泊できる場所(LOVEなホテルは二軒ありますが・・・)がありません、もしも前泊で参加をお考えの参加者様は、広島駅周辺の宿泊施設をご利用されるのをお勧めいたします(広島駅より約30分)。

あとセーフティーがそこまで広くありませんので、お荷物はコンパクトにまとめていただければと思います。

何か質問や、お聞きしたい事等ありましたら、メールでご質問くださいませ。


ギアログ広島 ルール&ゲームシステム

基本ルール

インドアフィールド アルムに順守。

終日セミオートオンリー。

ノーマルマガジン、リアルカウント推奨。

多弾マガジンは1ゲーム一本のみ使用OK。

終日カウンター復活戦。

Hit後カウンターを押すことで復活(無限)。

最終的にカウンターの数(Kill数)が少ないチームが優勝です。

優勝チーム全員に素敵な商品もご用意しております。

無限復活ルールですので、スタート地点へのBBローダーやBBボトルの持ち込み、または装備内への携行を可としますが、給弾する際は必ずHit後のリロードでお願いいたします。(ゲーム参加中のBB弾のリロードは不可)。


インドアフィールドですので、必ずゴーグル(レンズタイプゴーグルのみ使用可能で、メッシュタイプ、シューティングゴーグル、サングラスは使用不可)を着用し、フェイスマスク(ソフトな物、シュマグ等の布でもOK)を着用すること。

ゲーム形式

午前
チーム対抗戦(1ゲーム15分)

IED設置システム。

フィールド内に設置された箱(全部で5個)の中にある、自チームと同じカラー(チームカラー赤は赤を。黄色は黄色を。無は白を)の高性能折り紙型爆弾を一番上にする。

相手チームは自チームと同じカラーの高性能折り紙型爆弾に変える事が可能(Hitされた場合は無効)。

ゲーム終了時に箱の中の一番上に置いてある色の、高性能折り紙型爆弾の相手チームにKill数を20加算する
(例 赤vs黄色のゲーム時、赤の高性能折り紙型爆弾が一番上に置いてあれば、黄色チームに20Kill加算)

午後
三つ巴戦(1ゲーム20分)2回

1回目
通常のカウンター復活ルール戦(午前中と同じルール)。

2回目
米軍極秘部隊、機械化小隊(マシンナーズプラトゥーン)プロトタイプ、コードネーム「ハルマゲドン(ロック・イワタラット少佐)」起動システム。

各チームリーダー所持の暗号コードを、自チームフラッグに設置された無線よりチームリーダーが送信。

暗号コード受信後、コードネーム「ハルマゲドン」が起動。

敵2チームを2分間(稼働時の冷却発熱コントロールができないため、オーバーヒートによる脳神経系へのダメージセーブ機能が2分で起動し強制終了する為。ただし再起動は即可能)フルオートで攻撃開始。

外骨格をアダマンチウムで覆われ、生命維持、筋繊維等機械化処理をされており、射撃では破壊不可能(無敵)。

暗号コード受信順に起動開始。

注)インドアフィールドの特性上、GEARLOG名物航空支援は不可能なために、考え出されたギアログ広島オリジナルシステムです。
  Kill数を引っくり返す事も可能なため、リーダーの判断が重要とされます。


それからギアログ広島において、一番大事なルールですが、ギアログ広島に参加される皆さんの「良い交流の場」が目的のひとつにあります。

軍装が好きな人たちの、住まいや軍装スタイルの垣根を越えた交流ができる、絶好のチャンスだと思ってます。

是非お互いに無礼のないよう、よろしくお願いします。

参加者全員が、お友達になって帰ってもらえると最高ですよね。

そんなゲーム会を目指したいので、どうか皆様のご協力をなにとぞよろしくお願いします。
(一部morizoさんのお言葉を引用)

ギアログ広島の最終インフォメーションは以上となります。

泣いても笑っても残り1週間。

参加者の皆様にお会いできるのを、心より楽しみにしてます。

どうかくれぐれも、事故などしないように、お気をつけてお越しくださいませ。  

Posted by HARUMAGEDON at 01:21Comments(0)ギアログ広島