アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2014年11月25日

old School装備2

今回の記事は、自分の所持する装備の備忘録的かつ使用しての感想的な記事パート2です。

注)あくまでも個人的な感想です。
  また間違った箇所もあると思いますが、ご指摘お待ちしております。

ちなみに前回の記事が2012年10月10日と約2年前(笑)


今回はLBT-1879Aです。

もうねOld School鉄板の装備であり、2000年初期のアフガンでも行けちゃう素敵装備です。

フロント


223口径30連マガジンが、3本入るマグポーチが4つ。

マグポーチのフラップは、ドットボタンとパイルアンドフックのツーウェイ仕様。

マグポーチ下側にレザーが貼り付けてあり、フラップの開閉が引っかからずスムーズですが、1879Bでは廃止されてるんで隊員には不要だったんですかね・・・?

マグポーチフルロードで合計12本×30発の、合計360発の223弾を叩き込めます。

ショルダーストラップに付いているDリングは、LBT-0990を連結させる為の物。

1879Bだとファステックスが付いてますが、Aだと専用キットでDリングと連結させます。

マグポーチ下には、1879用のベルトパットを装着する為のDリングがあり、難なく装着できます。

1879Bのように、マグポーチ下に9mmハンドガンマガジンポーチが無いぶんスッキリした印象です。

フロントの上下2本のストラップの長さが、違うあたりがLBTクオリティですね(笑)

ライト


マガジンポーチのサイドには、ユーティリティーポーチが左右にあります。

1879Bだとライトはラジオポーチ、レフトはユーティリティーポーチとなります。

1879Aのマグポーチを、ラジオポーチに改造している例もあるので、ラジオポーチ付きのBへと改修されたのでは?と推測。

バック


非常にシンプルな状態(笑)

ちなみにピストルベルトには右側からグロックナイフ(シグナル イルミネーション フレアとIRサイリューム付き)、ビアンキホルスター、ブットパック(メディカルポーチ、シングルフレアケース付き)、1QTキャンティーン、ラジオポーチ、BHI M60ポーチ、LBTカイデックス9mmハンドガンマガジンポーチを装備してます。

ショルダーストラップが柔らかく、ライフプリザーバーを付けても負担は少ないです。

非常に万能なSplit Front Chest Rigだと思います。

1879Bも欲しいですがね(笑)






同じカテゴリー(装備関連)の記事画像
緊急告知
米露合同演習inアキノクニスタン(ハザード広島)
比較してみた
軍拡
NOROTOS 3ホールヘルメットNVGマウンティングキット
参考書
同じカテゴリー(装備関連)の記事
 緊急告知 (2016-09-28 10:01)
 米露合同演習inアキノクニスタン(ハザード広島) (2016-05-20 01:40)
 比較してみた (2014-08-11 01:04)
 軍拡 (2013-06-28 23:18)
 NOROTOS 3ホールヘルメットNVGマウンティングキット (2013-06-20 00:25)
 参考書 (2013-04-21 01:15)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。